fc2ブログ

衝動買い



足の小指骨折の為、9月2日まで仕事を休む私は、毎日、専業主婦。
娘のリクエストに応えてティラミスを作る予定で、それを冷やすための容器を買いに行ったのだが・・・・

スーパーのエスカレーターを降りたところに、境刃物店が来ていて、思わず包丁を見入る。
何か月か前に、折れてしまった菜切り包丁。もう10年以上使っていたので、折れても当然か?
そうお気に入りの菜切り包丁が折れたので、修理するか買い替えるか、迷っていたところの出来事でした。

この折れた包丁も、今日、出店していた境刃物店で購入したものだっただけに、余計に見入ってしまった。
「どうぞ、手に取って見てください」と言われ、家にある菜切り包丁のことを話すと、「もう10年以上使っているのなら寿命ですよ。本来は5年が限度です」と言われた。

7000円のか11000円のか、迷った挙句、11000円の包丁を衝動買い。

IMG_0395.jpg

本当は、持ち手が木のが欲しかったんだけど、最近は、少ないらしい。それにこっちのほうが強度もあるということで、これにしました。
んー、夫婦同時自宅療養の身としては、高い買い物だったが、この境刃物店、いつ来るかわからないのよねー。
で、買ってしまいました。

夕方、さっそく使ったが、やはり切れ味抜群!!

で、今まで使っていた包丁がこれ
IMG_0396.jpg

今までありがとう。お疲れ様でした。

家に帰ると、我が家の猫が2匹車の上で寝そべってる。
IMG_0397.jpg

あなたたちには関係ないよねー。私の高額な衝動買いのことは・・・



A/Wショップ 見てね

私が添乗員になるまで その⑤



昨日の続ぎ・・・

旅程管理研修を受けている間、会社とは場所が違って、大阪の梅田のほうだったかな? 今までよりも1時間ぐらい早く出なければいけなかった。

その当時、娘は離乳食に入っていて、当時一緒に住んでいた実母に離乳食を頼むのも嫌だったし、やはりここは実の母の手作り!!と意地を張っていたというか、まあ当然のことですけど、朝4時か5時に起きて朝昼夜の離乳食を作ってからの出勤でした。
大変だったけど、夢に向かって頑張っていたので、苦にはならなかった。

旅程管理研修では、何教科かあり、覚えているのは、旅行業約款、旅行業英語。
その中でも英語の時間は、私には苦痛だった。英語は、好きなほうだったが、参加している人たちの半分以上は、ホームステイの経験があるらしく、本読みになって1人ずづ本を読み進めていくのだが、その発音のいいこと。ネイテェブスピーカーのように私には聞こえた。
「お願い、私には当たりませんように」と祈りつつ、ドキドキの時間でした。

旅程管理研修も終わり、あとは試験を受けるだけとなった時に、迷ったのが、国内を取るか海外も行ける方をとるかでした。
もちろん私は海外のほうを取るつもりにしていたのですが、会社の同期の子に「ホームステイ経験ないなら国内にしたほうが、いいんじゃないの」と、ホームステイ未経験者組。「どうせなら、海外行けるの取ろうよ。せっかくの機会だし」とホームステイ経験者組。
色々悩んだ挙句、やはり私の最終目標は「世界を駆け巡る母」だったため、海外のほうを取りました。

必死で、英語の勉強をしたけれども、試験の結果は、英語だけ落ちました。
しかし、1度だけ追試のチャンスがあり、追試で何とか受かり晴れて、海外も行ける添乗員になりました。

嬉しかったなー。「天にも昇る気持ち」って、こういうことなんだなーって思いました。

私は、添乗員になったことをKさんに報告する。すると「えー、ほんと!!すごい!! 私に言えば旅行会社なんてコネで何とかなったのに、自力でなったなんてほんとにすごいよ!!」と、とても喜んでくれました。

これで私も添乗員デビュー!!
なんて喜んでいたのもつかの間でした。
国内添乗を8回ぐらい、したところで、実母と旦那の両方に「子供が可愛そうだ。母親がそばにいないなんて」と、連日の猛反対をくらい、私は、添乗員をあきらめたのです。悲しい(泣)

先日、娘に「お母さんは、世界を駆け巡る母になりたかったんよ」というと、娘は「私も、そうなってて欲しかったなー」と言っていたけれども、きっとあのまま世界を駆け巡っていたら、今の私と娘の関係は険悪になっていたことでしょう。

ということで、これで良かったのかなと思う。というかそう言い聞かせている私でした。



A/Wショップ 見てね


私が添乗員になるまで その④



かなり飛びましたが・・・・
添乗員になるまでのお話を。

添乗員派遣会社に就職した私は、毎日、和歌山から大阪まで電車通勤。
そのころ娘はまだ、1歳に満たなかった、3~6か月ぐらいだったかな?もう遠い昔の話で、忘れているところも多いんですけど・・・

入社して最初のころは、添乗員としての心構えとか、20人ぐらいいる同期の子の前で、自己PRしたりしてました。
その中で印象的だったというか、「ん?それだめでしょ」というのがありました。

とても感じがよく可愛い子だったのですが、「えっとー・・・・、えっとー・・・、・・・・・・、私、人前で話するの苦手で・・・」というのです。
えー!!
添乗員って人前で話するのが商売でしょ!! 何のために添乗員目指してるのこの子? と思いました。
同期の何人かも、「あれ、ないよね。致命傷だよ」と言ってました。

そして、彼女は次の日には退職してました。それで、正解だと思う。だって、人前で話できないなら、添乗員なんて苦痛でしかないもの。

同期が20人ぐらいいる中で、日を追うごとに1人辞め、1人辞めと少しづつ人数が減ってきました。
それだけ、きつかったのかな??
二言目には「ただで旅行に行けると思って来たのなら大間違いだ!!」と言われ続け、辞めた子はきっと、ただで旅行に行けると思って応募して現実を知って辞めて行ったんだろうね。

会社で一通りの添乗員としての心構えを仕込まれ、今度は、旅行業界の添乗員候補ばかりを集めてする研修に参加しました。旅程管理者研修??だったかな?  もう名前なんてとっくの昔に忘れました(笑)
その研修を何週間?何か月? これも忘れた、を受けて、テストを受けて合格すれば晴れて添乗員になれます。

でもこれがなかなかすんなりとは通らなかったのよねー、わ・た・し(泣)

次回に続く。




A/Wショップ 見てね

うつっ病のダメ夫のその後



うつ病と診断されてから1週間は薬のせいもあって食べる以外はずっと寝たきり状態でした。
1週間後、薬が変わり、先生にも「規則正しい生活を送るように」と言われ、少しずつ、朝、起きるようになり、今では、普通の生活にもとりつつある。

最近は、パチンコの本を見たり、パチンコに1回だけ行ったりと、自分の興味のある物にも気が行くようになったようで、よかったのですが、ただ、私のほうは、やはり、パチンコに目が行くことが気に入りません。

私のほうが、うつになりそう。(笑)

夫婦同時に、自宅療養に入り約3週間、ずっと顔を見合わせているのは、私には苦痛!!
私ってきっと、旦那が定年退職したら夫源病になるわ!!


A/Wショップ 見てね


季節外れの・・・



添乗員の続きは次回にしまして・・・

今日は、障子貼り直しました。
年末大掃除じゃないのにね。
IMG_0391.jpg
古い障子紙をはがし、骨状態

IMG_0392.jpg
新しい障子紙貼り
IMG_0393.jpg
余分な障子紙をきる。
IMG_0394.jpg
完成。我ながら綺麗にできました。



A/Wショップ 見てね

私が添乗員になるまで その③



娘を出産後、誰もが子育てに専念するだろうと思っていただろうが、子供ができたぐらいであきらめる私ではない。
夢は、「世界を駆け巡る母」になること。

子供ができる前同様、添乗員の求人募集を待っていた。すると1件あった。
大手某旅行会社の子会社であった。履歴書を送り大阪まで試験を受けに行った。
結果は筆記試験で散った!! 勉強したつもりだったんだけどなー。とても難しい筆記試験でした。

何か月かして、またもや求人発見!!
これも、すかさず応募。今回は書類選考の上、1次面接までこぎつけた。

試験管1人に対して、受験者2人。相手の受験者は海外留学もありたしか大学も卒業してたかな?
あー、負けたなーと思った。予感通り結果はダメでした。

大学も海外留学の経験もない私は、不利だと思い、とにかく少しでも有利になるようにと「国内旅行業務取扱い主任者」ととった。海外にも通用する「一般旅行業務取扱主任者」は4点満たなくて落ちました。

いざこの資格を持って、3度目の挑戦。大阪の難波駅近くの添乗員派遣会社でした。
書類選考の上、次に説明会。なんとこの説明会に私は遅刻したのである。
なんとか連絡を取り中に入れてはもらったが、印象悪いよねー。ああー、これも落ちたかと思っていたら2時面接までこぎつけた。

面接は、5対5の面接でした。
志望理由、どんな添乗員になりたいか、などなど
そして、一人の面接官が「あなた、国内旅行業務取扱主任者」もってますね。きたー、その言葉を待っていたのよ
「なぜ、この資格を?」と聞かれ、「添乗員になるにあたり、少しでも有利になればと思い、勉強してとりました」というと、
「別にね、添乗員になるのにこの資格がなくてもできるのよ、要は、お客さんからクレーム来たときどう対応できるかなんです」と、なかば、カチンとくるような口調で言われたので、笑顔でお返しさせていた炊きました。「おっしゃる通りです。お客さんとどう対応できるかが一番たいせつですよね」って。

あー、この会社も没かー

結果は、1週間後自分から電話してきてくださいとのことでした。

1週間たって、どうせ落ちてるからもういいかー・・・  なんて思いつつ電話してみたら「合格です」と言われた。

やったー、3度目の正直た。!!!



A/Wショップ 見てね

私が添乗員になるまで その②



添乗員の第一段階、旦那の説得を突破して、次に私がしたことは、どうしたら添乗員になれるのだろう?でした。
そこで買った本が「ツアーコンダクターになるには」という本でした。

その本によると添乗員になるには旅行会社または、添乗員派遣会社に就職し、その会社から添乗員の資格をとる講習を受け試験に受かって初めて添乗員になれるとのこと。

私がまずしたことは、旅行会社、または添乗員派遣会社の「添乗員募集」の広告を探すことから始まった。
リクルートだったか、何の雑誌だったか忘れたが、毎週本屋で立ち読みをし、求人がないか探した。

これがなかなかないのよねー。
その間にも、旅行に関する勉強をする。全世界の国と主都名、観光名所、名物などなど。

勉強しつつ待っていると、ようやく求人発見!!!
やったーと思ったのもつかの間、なんと妊娠していることがわかり、仕方なく断念したのでした。
でも、あきらめない私は、出産してから添乗員を目指すこととなる。



A/Wショップ 見てね


私が添乗員になるまで その①



私が添乗員を目指したのは、先日のブログにも書いたようにKさんとの出会いが大きかった。

新婚旅行の行きの飛行機の中で意気投合した私たち。
主婦でありながら、海外添乗をこなすKさんがとても素敵に見えました。

「旦那さんいるのに、よく添乗すること許してくれましたね?」と私が聞くと「ちょっと冷蔵庫壊れたので、冷蔵庫を買うためにこの添乗にくることになったのよ(笑)」と。
1回の添乗で冷蔵庫買えるんだ!!と驚いた私。

この新婚旅行は8泊10日だったかな?
そして私たちを含め新婚カップル5組と、こじんまりした旅行でした。
Kさんはとてもプラス思考な方で、新婚旅行で、あっという間にKさんのファンになってしまいました。

Kさんに最初の辺りに「私も添乗員に憧れていた」と話、何日目かのスイスでのバスの移動中に「私も添乗員になりたい。でも、結婚してしまったしなー」というと、Kさんは「今からでも遅くないよ、新婚さんでは、旦那さんの理解が必要になってくるけれども、主婦だから駄目だとか、そういうのは関係なくて自分がどこまでやるかよ!!」と言ってくれました。

その後、新婚旅行から帰ってきて、旦那に「添乗員になりたい」というと「えー、無理無理」しか言わない。

でも、くじけず何日も何日も言っていたら「そんなに、なりたいんだったら、挑戦してみれば」と許しをもらった。
許しをもらったというよりは、きっと旦那は根負けしたんだろうね。

第一段階突破である。




A/Wショップ 見てね

神戸へ



IMG_0365.jpg

神戸へ娘と遊びに行ってきました。これは、定番の景色ですね。ポートタワー、海洋博物館、ホテルオークラ。

IMG_0369.jpg

モザイクと船

IMG_0367.jpg

夕食は、ブラジリアーノというブラジル料理を食べました。串焼きした肉を切って出してくれる。
美味しかったよー。

最後に六甲の夜景をアップしたかったのですが・・・
山頂まで行って、展望台を通り過ぎたため画像なし。
たまにやってしまいます。山頂までたどり着いて、展望台通り過ぎて、気が付けば、六甲山降りていたという・・・
今回もそれをやってしまいました。

年には勝てない、疲れが半端ない。次の日は寝たきり老人になってました。



A/Wショップ 見てね
プロフィール

わいわいにゃんこ

Author:わいわいにゃんこ
決して平凡ではなかった私の人生を少しづづ書いていきます。

25年間我慢して、やっと夫と離婚し今は平和に暮らしています。

母と愛犬1匹と愛猫3匹、メダカ多数、ミナミヌマエビ多数

趣味:お菓子作り、旅行、日曜大工、家庭菜園etc
   勾玉オルゴナイト作り

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
頑張るでー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR